2015年10月13日

突然すぎる死…そして別居家族は。

★応援ぽちっといただけると嬉しいです★
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 別居へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村


家族日記 ブログランキングへ



しばらくお休みでした。
突然ですみません。

ご報告。

別居両親の片方が解消…突然の出来事で。

わたくしごとですが父が他界しました。
74歳。
若いと思う。

一生現役をモットーに70歳を過ぎても一線で働いていたかっこよい父だった。
コンサルとかやって、地域や業界的には人気があったみたい。
直前まで仕事をしていた。
旦那にプリンターを週末直してほしいとリクエストしていたくらいだから。

一通りの手続きが終わってみると、人脈の多さ、多彩さ、仕事にはまじめだったんだと思う。
少し嫌味な言い方になるけど、パパ許してね(;´∀`)

彼の人生は彼なりに楽しかったのだと信じたい。

家庭的ではなくて、家族は幸せではなかったけどね。
両親が働くわたしたちの家庭はいつも寂しかった。
家に帰ると、いつも電気はついてない。
弟とわたしは肩を並べて本を読んだり、ゲームをしたり。

忙しい母はいつもイライラしていた。
これが別居の伏線だったのだと思うけど後の祭り。

年の離れた弟はいつもわたしについて回った。
正直うざい時期もあったけど、仕方なかったよね。
寂しい幼少だったからか、女癖の悪さは父親譲り。
だれかしらいないと寂しいんだと思う。
今思うと、父親もそうだったのかな?

母は厳格な家庭に生まれたから、そんな父親は許せなかった。
それも今となっては理解できる。
母も悪いとは思わない。

夫婦の別居はどちらがどうというはなしではない。






突然の出来事だった。

その日はいつものようにこどもをつれて音楽教室にきていた。
駐車場に車をとめたら突然携帯の音が鳴った。

弟からだった。
「おねえちゃん!パパが死んじゃってる!!」

理解できなかった。
まったく理解できなかった。

シートベルトを外すこともなく、わたしは車を実家に。
家に着いた時には父親はいなかった。
救急車に運ばれた後だった。

警察と消防さんがいた。
弟が状況をきかれていた。

ひとり暮らしの弟が実家に冬服をとりにきたら、リビングのソファーに父親が座っていた。
寝ているようだったので服を用意してかばんに詰めて1階におりた。
冷蔵庫のお茶を飲もうと思って、コップを棚から出したとき…
違和感があったらしい。

彼は問いかけた。

「パパ…?」

この時には父親は息を引き取っていたそうだ。
弟ははじめにわたしに電話して、次に消防に電話した。
順番が逆だろうに…って、つっこむにもパニックだった彼にはコクか。

消防さんが到着した時にはすでに息はなくて搬送途中で宣言があった。

あまり苦しむこともなく他界できたことが幸せだっただろうって。


とにかく泣いた。

2人して泣いた。

信じられないくらいに。


弟が大人になってから感情をあらわにしたのを見たのは初めてかもしれない。

旦那が遅れてやってきた。
自分の父親よりも旦那はうちの父親を慕っていた。
落胆も大きかったと思う。
姉弟が泣きじゃくる様子をみて、こどもを連れて庭先で泣いていた。

旦那はその後の手続きを話し合って進めてくれた。
交友関係を携帯電話から調べて連絡してくれた。
絵画教室の友人にとりまとめをお願いし、仕事関係の方にご案内をして。
彼をかなり見直した。

喪主は弟がすることになった。
母親はそのことについては何も言わなかった。
ただ、旦那に任せますと。


告別式の日、わたしに母親がいった。
「パパらしいね、土日も人を働かせるなんてね…」

★応援ぽちっといただけると嬉しいです★
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 別居へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村


家族日記 ブログランキングへ


タグ:別居
posted by マキママ at 10:17 | Comment(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月07日

惜しみなく直面する現実…男は?、女は?

★応援ぽちっといただけると嬉しいです★
↓↓↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村


家族日記 ブログランキングへ



わたしたち夫婦の両親は別居している。
旦那の両親は6年前、わたしの両親は10年前から。

初めは抵抗があった。
こどものこともあったし…
ブログの一番初めにかいたけど、ほんとにこどものことが気になった。
「ごめんね」しかなかった。

このあたりは「はじめに」のブログを始めたときの記事を読んでいただくのが一番かと…
⇒ 【はじめに】めんどくさいカゾクの記事

いまは最近のブログに書いているみたいに冷静に少し考えている。
自分が直面したらどうしよう?というのもなくなってきた。
これは考えても仕方ないからね〜(;´∀`)

いま直面する現実に向き合うしかない。

こないだたーちゃんと話しているときにうちらの両親の話になった。

たーちゃん
「ひとりって大変かな…?」
「ママ、パパは大丈夫なのかな…?」

学生時代はよく泊まりにも来たたーちゃんは両親の心配をしてくれた。

この質問って、とっても答えにくい(・.・;)
だって、2人は望んで別居生活をはじめたわけだしね。

依存する相手を振り切って別々の生活をはじめた…ということでしかない。

これ自体は悪いことではないし、大変なんて思えない。
家族であっても基本的に人って一人で生活していくものだから、その場その場で大変なわけで。
別居別離を選んだ時点で惜しみなく訪れる現実に直面する。

旦那が亡くなればわたしも一人になる。

こどももいずれ一人。

わたしが死ねば当然、旦那も一人になる。






だから、お互い自炊したほうがいいでしょう。


だから、お互い洗濯できた方がいいでしょう。


だから、お互い掃除できた方がいいでしょう。


だから、お互い…


そして、ひとりになり、自炊し、洗濯し、掃除し、生活をする。


それは大変なことではない。
生活だし、営みだし(-_-)

そのときどき、家族という形がどうあるかわからない。
けど、確固としたわたしでいたいと願う。


別居に直面した夫婦、うちの両親はお互いの歩みの中でそれをかみしめて最中だろう。
だからわたしはこう思う。


頑張ってねママ、頑張ってねパパ…


あえてたーちゃんの質問に答えるとするとね、
別居という選択をした夫婦それぞれを表現するとこんな感じです。


男は“…寂しく”女は“…必死”(;´∀`)


これが現実なのか個性なのかはわからないけどそう感じる。

義理の両親をみているとほんとにそう思う。
時間があれば↓↓↓の記事をお読みいただけるとなるほどねって(*^^)v


ここ数日のブログの義理父の公証人役場の事件も“寂しい”感じが…

⇒ ◆公証人役場記事シリーズ part1◆

⇒ ◆公証人役場記事シリーズ part2◆


そして義理母はいつもこんな感じ…“必至だしタクマシイ”(-"-)

⇒ ◆パワーオブボイス!義理母!!記事はこちら◆


わたしの理想はお祖父ちゃんです。
このように大往生したいなぁ。
こどもにはしでかしてほしくないけど(;´Д`)

⇒ ◆一番アクセスをいただくブログ記事「すました顔してさようなら」◆

直面する現実を受け止める以外にいまをいきる術はない。


話がかわっちゃうけど、ブログ記事を書きためるって便利(*''▽'')
わたしの言いたいことって、ほぼブログの中に蓄積されていく。
これって恥ずかしいことでもあるけど、散々散らかしまくった頭が整理されていく。

必死な女のライフワークなんてね(^^♪

★応援ぽちっといただけると嬉しいです!励みになります★
↓↓↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村


家族日記 ブログランキングへ



タグ:別居
posted by マキママ at 07:06 | Comment(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月28日

勝手に評価は下げられている…

★応援ぽちっといただけると嬉しいです★
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログへ




週末は曇ったり、雨が降ったり。
花火の土曜日は曇り空でなんとかなりましが。

手持無沙汰なこどもは別居父親から以前もらったロボットをごそごそ探し出してを作ってた。
↓↓↓
こども_ロボット製作.jpg

ソーラー電池で動く…
当然のことながら、曇り空、どんよりどんよりしているから…

うごかない…(-_-メ)

このタイミングで作るこどもが悪いだろうに
「だめじゃん、おじいちゃん動かかないのくれたんだぁ(;・∀・)」
勝手に評価が下げられている。


ことが起こる

起こったことを解釈する


これって感じる人の勝手の話。
今回はこどもがイメージを悪くした…だけ(;´∀`)

だけど思った。
うちら夫婦の会話も別居両輪の悪口や愚痴が多いこと。
この環境って、こどものイメージに浸透している。

いいわけないよな(◞‸◟)

ちょっと会話に意識して生活しよう。
たぶん今日も愚痴ると思うけど(;´∀`)

★励みになります。応援ぽっちっとお願いします★
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログへ


タグ:別居 父親 悪口
posted by マキママ at 07:18 | Comment(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする