2016年09月09日

授業参観の悲劇!リターンズΣ(・ω・ノ)ノ!


うちの子10歳。
お〜失敗した!口止めが利く年齢だった(;´∀`)

2学期が始まる。
こどもの学校では生徒の夏休み気分を吹き飛ばすためか
授業参観が初っ端にある。

宿題をやらせていない両親への釘差しにもなるし、
生徒は多少張り切るし、先生の目も覚める。


よくできたタイミングだと毎度感心する(・∀・)


で、本題。
このブログ読者の方はご存知かと…



うちら夫婦の両親は別居中、別居両親。

父は亡くなったので、うちは別居していた母が一人。

別居していたわけで生活のリズムがかわるわけでなくて
彼女はマイペースの独身ライフを楽しんでいる。


こんな両親にまきこまれたわたしらは何かとめんどくさいわけで。



その影響は孫の代まで(´・_・`)


こどもの学校では敬老の日に祖父母に手紙を書かせる習慣がある。



これが前提のお話
→ エピソードはこのブログ記事でどうぞ



小学生の低学年の時の授業参観ではなんとなく終わったあの事件が…


小学生高学年でも…


今回のパターンは違った。

授業参観、国語の授業の始まりで、


こどもは日直当番。

こども
「起立、礼!」
「今日の宿題の準備をしてください」
「準備のできた人は前を見てください」

でもってスタートダッシュを決めるつもりであったのだろう…

「先生、今日の敬老の日のはがき、3つ書いてきたよ!!

先生
「 (;・∀・)??? 」
「おっ、ずいぶん書き直したのね!」
「えらい、後で見せてね〜」


わたし
「 Σ(・ω・ノ)ノ! 」


やってくれたよ。
てか、ナチュラルだね。


先生も参加参加の親御さんも理解できていない様子…


発言したい!
その意気は良しとしよう。
昨夜あたりから温めていたんだろうね。

この機会を狙っていたんだ。


こどもは振り返るとわたしに…( ̄ー ̄)ニヤリ


まだ、このあたりの機微に気づけと言っても難しいか。
微妙な話なんだよ。


「ママ、説明するのがめんどくさいテーマでさ」
「あまり人前でお話しすることでもないわけでね」

と、説明しておけばよかった?

これは不可抗力。
仕方ないよね。


苦笑いのわたしは右から左へ受け流す(*´▽`*)


つまり、うちの子は別居している『お祖父ちゃん、お祖母ちゃん×2』に
敬老の日の手紙を書いてたといいたいわけで。


低学年の頃は…

「4つも書かなきゃだめだから大変なんだよ〜(*_*;」


といっていた。
いま思うと可愛いもんだね。
でもって、ここ一年でひとり分減ったわけだね。



もう少しで自然と正常な状態に戻るよ(-。-)y-゜゜゜


ブラックなわたしが話しの胸の内。


怖い怖い。



懇親会後の面談で聞かれ…


わたし
「時代の流れというのでしょうか」
「いま流行りの熟年別居というか卒婚状態に両親がありまして…」
(うちの旦那の発言をなぞっていた、今日は不参加(;´∀`))

先生
「申し訳ございません!」
「存じ上げませんでした」
「 … 」

しばらく話す。


先生
「こんなお話しもどうかと思うのですが…」
「うちの両親も別居していまして、離婚する方向で調整してます」
「他人事ではないのでいろいろお話聞かせていただけると…」



やばい、長くなりそうだ(;´Д`)


やっぱりこんな家庭が増えてきたのかな?


★応援ぽちっといただけると嬉しいです★
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 別居へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村


家族日記 ブログランキングへ




posted by マキママ at 09:01 | Comment(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月08日

戻ってきたと思ったらっ、はっ!?

★応援ぽちっといただけると嬉しいです★
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 別居へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村


家族日記 ブログランキングへ



旦那が先月から帰ってきてる。
いるといるで便利な存在ではある。
洗濯してくれたり、掃除してくれたり、ご飯作ってれて足り…
慣れると便利だけどね。

結婚して、同居して、生活するといろんな不具合がでてくる。

別居両親を持つわたしたちは心のどこかで他人という感覚がある。
結婚という形式が本当に形式で、同居人という感覚が正しかったり。
こういうことって口にするのが難しい。

ママ友の集まりで話そうものならめんどくさいことになる。

ママ友A
「マキちゃん、青いなぁ〜」
「小説とか読みすぎなんじゃない?」

なんて深夜ドラマばかりみているママに言われ…
あんたにゃいわれとーない(;´∀`)

そういえば思い出した。
このママ友Aさん、ハワイ特集の雑誌を持ってきていた。
そんでくれた。
↓↓↓
こんな感じの本、自分じゃ買わんね〜

これ飲みながら眺める。
↓↓↓
カフェモカ.JPG

「あまっつ!!」Σ(・ω・ノ)ノ!

やっぱり水にするべきだったかぁ。


話を戻すと…
こどもも冷めた気風が最近うつりはじめている。

「●●が▼▼を好きだとか言ってた…続かないのにね(´・ω・`)」

あらあらこんなこと話す年齢になってきたのね、って。





やっと本題に(・∀・)b

朝、旦那から衝撃の報告が…
「来月からミヤンマー勤務になります!」
「まず2週間からスタート」
「年内には3か月程度行く予定」
「来年は1年程度になるのかな〜」

何やらのんきなことを話す旦那。

わたし
「突然じゃん!」
「給料はどうなるの?」
「手当つくの?」
「住まいはどうなるの?」
「うちらは?」
「単身赴任?」
「いつまで続くの?」
「単身なら別途手当はでるの?」

山ほど聞きたいことがある。

旦那 (;´・ω・)???

会社行って聞いてこい!!


★応援ぽちっといただけると嬉しいです★
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 別居へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村


家族日記 ブログランキングへ

posted by マキママ at 08:57 | Comment(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月07日

毎日毎日で…毎日。母の愛の形は違う…

★応援ぽちっといただけると嬉しいです★
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 別居へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村


家族日記 ブログランキングへ



こどもが宿題で新聞記事を読み、感想文を書いていかないといけないという。

某アサヒ新聞をくまなく読み込むこども。
ある記事に目がいき「これにしよ!っと」
はさみを持って切り込み始めた。

横から覗き込んでみると…


ギョギョギョ!!さかなクンの特集記事(・∀・)


この記事を読んで、まとめることが宿題。

@記事のサマリーをまとめ

A記事の内容をまとめ

B記事の一番言いたいことをまとめ

C自分の感想を書く


さかなクンは小学生2年生のころタコに興味を持ち、
魚の世界に魅せられたらしい。

タコに興味を持ったのね。
わたしゃタコはもっぱらすしネタ(;´∀`)
原型を大人になるまでまともにみたこともなかった。
小学生のころ水族館に遠足があっても、
好きな子を意識して「タコ気もち悪い〜」とかいってさ。
観ないでかわいい子を演じていたもんでね。

さかなクンはほどなく、見た魚を片っ端から描くようになったそうな。

彼の魚の絵、驚異的にうまいΣ(・ω・ノ)ノ!

写実と漫画との中間を描ける。
これは才能だね。
知識も去るモノながら、絵も素晴らしい。


ふむふむ…と読んでいたら、こどもが宿題を終えていた。


リビングのテーブルに広げたノートをちらみしてみたら…


【感想】

僕のお母さんは30日間もタコ料理を続けるなんてことはないなって思った。
途中で生協のおかずになるし、土日の夜はお父さんがご飯を作るからです。
さかなクンのお母さんは30日もタコ料理を続けるなんてすごいです。
料理のレパートリーを変えていたなんて、僕のお母さんは絶対無理です!



わたしΣ(゚Д゚)

「絶対無理です!」

“無理です”に“絶対”“!(コーションマーク)”だと(;゚Д゚)



絶句。。。



さかなクン曰く

「タコが好きでタコの絵を描きたいと母に言った。
母はタコ料理を1カ月間、味を変えながら作り続けてくれた」

「描いたタコを毎日毎日ほめてくれた」

「共感してもらえることでますます魚が好きになった…」



さかなクンのお母さま素晴らしっすm(_ _)m




★応援ぽちっといただけると嬉しいです★
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 別居へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村


家族日記 ブログランキングへ

posted by マキママ at 14:51 | Comment(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。