2017年01月19日

夜明けのないストレスに焼け気味(;・∀・)

ストレスを苦痛と思う人にとってはストレスは寿命を縮め、
ストレスを苦痛としない人には寿命を延ばす効果がある…


とてもきれいな大学の先生がそう書いていた。
病院の待合室で手にして面白そうだから読んでみたけどね。
オリーブがストレス過ぎてポジにとらえられなかったので
自宅に帰る前にBOOKOFFによって買ってみた。

結果…(´・_・`)

どうもしっくりこない。
有名大学の先生がありがたい話をしてくれている本がたくさんあるけど
どうも響かない人間なんだと思う。

別居両親のことを考えたときに友人に勧められた本もそうだった。
たしか『鏡の法則』って本だったかと…
この本もわかるんだけどね。

自分の態度が鏡のように周りの人に影響する。

そんなはなしだけどさ。
周りの人に影響されまくるわたしだからさ。
そもそも周りに影響を及ぼすような人ではないだ。
とかとか。

考えつつも結局本を閉じたよ(´∀`*)ウフフ

こんな午後は午後ティがいいね。
↓↓↓
午後ティ.JPG

これはコンビニで購入。
でもって、ついでに買ったアイスも食べる。
↓↓↓
アイス.JPG

本を読むより、ホッとひと時だね。
好きなアイスを食べている方がストレスは解消される。
ストレスを考えるより、手放す方がいいのかもね。

アイスを食べなら、一つの悟りを開く(*´▽`*)

★応援ぽちっといただけると嬉しいです★
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 別居へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村


家族日記 ブログランキングへ


posted by マキママ at 01:19 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月17日

恥ずかしい…猛烈に恥ずかしい(≧◇≦) 羞恥心炸裂(2)

最大の勇気を振り絞って病院に行ったよ(;´Д`)

専門の病院もあるけど、ここは総合病院。
内科、外科、整形外科、耳鼻科、皮膚科がある。

でもって加えて“肛門科”

ここが本丸。
内科を通って、耳鼻科の前をL字に曲がり、
突き当りが皮膚科でその横に目指す肛門科。
病院に入ってから、至るまでに道のりが恥ずかしい。

まるでスポットライトが当たっているかのよう。

小さくなりたい。
誰もみてもいないだろうに、やたらとみられている気がする。


自意識過剰…(;´∀`)


気分的にはザベストテンで『今週のスポットライト!!』と
紹介されている感じ。

気持ち早歩きで窓口を目指す。
窓口で受付でもらった診察票を渡す。
当然呼ばれるわけだけどね。
診察室の前の待合には既に10人弱座っている。
にぎわっている(´・_・`)
これだけ仲間がいると安心かな。
わたしのようなアラフォーもいればさらに若い男の子も。
大半はお年を召された方。

どんな診察なんだろう…?

胸のドキドキが収まらない。
あと3人ほどのところまで来た時のこと。
ここまでくると診察室の前に移動させられるんだけど…
診察室の前の扉の向こうの人の気配がわかる。


なんだか恥ずかしい。


わたしの前の30代と思しき女性が診察室に入り診察が始まると…


めっちゃ先生の声聞こえない(´・_・`)???


先生
『こりゃぁ〜立派なイボだねぇ!!』
『これだけデカいと取った方が楽かもなぁ〜』
『●●さん、これどおだぁ(・∀・)』

看護師さんのおばさんとおもわらる女性がこたえる。

看護師
『せんせ、さっきの方より大きそうですね』



この診察室の声がダダ漏れだぁ。


何なんだ、これって羞恥プレイですか(;・∀・)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

こんな辱めを受けたら、立ち直ることができるのだろうか?
前の患者と比較する必要があるんだろうか?
日常的に診察しているからだろうか、患者の恥ずかしさなんて気にもならないのかも…

わたしも比較されて…
『これは酷いねぇ〜』
『よくこれだけほっといたねぇ〜』

なんて言われたら…めぐるめぐる空想。
空想から現実へ。
わたしが診察室に呼ばれる。
唐突に呼ばれてもんだから元気よく『ハイ(≧◇≦)』なんて答えてしまった。
顔から火が出ている。

診察室は思った以上に狭かった。
おじいさん先生。
看護師さんはアラフィフの品の良いおばさま。

聞き取りもそこそこに横向きでベットに寝かされる。
もちろんお尻は丸だし。
タオルを巻かれているけどおもむろに捲りあげられると
お尻をぐりぐりって(;・∀・)


わたし
『お〜〜〜かなり痛いっす!!』


目を固くつむる。。。

先生は容赦ないね。
かまわずぐりぐり。


すると先生が診察終了。
ズボンをはいて結果を聞く。


先生
『これはきらんでも治るなぁ』
『切ると大変だから薬でいいでしょ』
『注入の軟膏を出しとくからね』

『毎日続けてね』
『毎日薬なくなるまでね』
『これで治らなかったら考えましょ』


おじいちゃん先生、意外とかわいらしい顔をしていた。


切らなくてもいい…助かった(;・∀・)

診察室を出ようとしたとき、
先生が大きな声で…


『あんた、切りたかったら切ってもいいからね』

『遠慮しないで頼みにおいで(^O^)』



こいつ根っからのS野郎だな。



診察室の椅子がとても座りやすかった。
どうもクッションがいいみたい。
子どもを産んだ時の病室の椅子にもあったことを思い出した。
真ん中が丸くくりぬかれている低反発クッション。
これなら痛みはやり過ごせる。

お悩みの方はこんなやつだからご参考に。
↓↓↓
参考になれば嬉しいです!車の運転にもいいかもね(・∀・)b


★応援ぽちっといただけると嬉しいです★
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 別居へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村


家族日記 ブログランキングへ


posted by マキママ at 06:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

羞恥心炸裂(1)そして『オリーブ!!』と叫ぶΣ(゚Д゚)

車を運転していたらムズムズ。

本屋で立ち読みしていたらモジモジ。

トイレでちょっと(;´Д`)


これ、お持ちの方ならよくわかるお尻の悩み事。


2年ほどやり過ごしてきたけど、どうにも苦痛が増してきた。
忘れようと努力をするも忘れられるはずもなく…
お尻の友達はついてくる。

先日『世界の果てまでイッテQ!』をみていたらイモトにもお尻の友がいるという。
番組内の企画でイモトが滑り台もどきから滑り降りて、、、


『オリーブ!!!』と絶叫。


彼女はお友達に“オリーブ”と名付けているらしい。
(わたしにも”オリーブ”がいる)


芸人さんは大変だ。


滑り台から滑り落ちるなんて拷問でしかないからね。
テレビ局さんはホントよく考えてあげないと炸裂すると地獄を観るよ。
普段の生活でも大変なんだからさ。


なんて感じながら夕飯のカレーを食べていた。


すると香辛料がきてしまった様子、


腹下しの刑(;゚Д゚)


これは絶望的な状況だ。
いきむと死ぬ。


が、いきむ。


覚悟を決めて…


「エイッ」ってやってもうたら、、、
血が出ているよ(;´Д`)
生理じゃないしね。


これは…


猛烈にお尻が熱い。
覚悟して病院に行くしかない状況。
本当に意気消沈。

ここまで読んだ方はお察しがつきますよね。



わたしのお尻の友は“痔(じ)”



一文字で終わるやっかいな友(´・_・`)


病院に行くのが恥ずかしい。
以前友だちが痔で悩んでいるときに病院勧めたわたし。

完全に罰が当たったね。

恥ずかしいからついていってなんて言われたのにスルーしちゃったし。
今回彼女を誘うわけにもいかんだろう。


手術なんて言われたどうしよう(◞‸◟)


別居両親の母どもが喜びそうなネタだ。


と翌日病院に行ったら、羞恥心炸裂な状況に絶句(;・∀・)


良い長くなったので後日に続きまする…


★応援ぽちっといただけると嬉しいです★
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 別居へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村


家族日記 ブログランキングへ


タグ: 病院
posted by マキママ at 06:02 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。